平和堂の揚げたい焼きは爆発的なパワーです




愛知県にはあんまきって言う、美味しいあんこをふわふわの生地で丸めた和菓子の「あんまき」って言うのがあります。

あんまきってご存でしょうか?

あんまきは、愛知県三河地方の和菓子。細長い生地で餡を巻いた和菓子であり、あん巻きと表記される事もある。
岡崎、池鯉鮒宿(現在の知立市)付近は、古来より水が少ないため稲作には適しておらず、麦、小豆、綿などの栽培が中心となっていた。
麦を粉に挽いて、延ばして焼いた物で小豆の塩餡を包んだあんまきは、池鯉鮒大明神の参拝客や東海道を旅する者に好評であった。

wikipedia:あんまき

これがまた美味しいですよね。
東海地方であれば、大きなスーパーマーケットに、売出しに来ている時もあり、比較的よく見られる和菓子の1つですね。

さらなるパワーお菓子!揚げ小田巻

岐阜県西濃地方で変わった揚げ物と言えば、さらにそんな「あんまき」を揚げた「揚げ小田巻」って言うパワーのある食べ物があります。

今回はその揚げ小田巻の派閥だと思いますが、平和堂さんでこんなのを見つけてしまいました。

平和堂

揚げたい焼き

1個100円のたい焼きをそのまま揚げた「揚げたい焼き」何故かあんこが入った甘いものって、揚げても美味しいのですよね。

価格

持ち帰りなので、108円となっております。
普通のたい焼きでも100円くらいで売っているのに、揚げても同じ値段は両親的ですね。

栄養成分

  1. 熱量:440Kcal
  2. タンパク質:5.9g
  3. 脂質:22.7g
  4. 炭水化物:52.4g
  5. 食塩相当量:0.8g

まさに欲張りモンスター級の食べ物ですね。

開封してみましょう

このまま食べるのですが、以外と生地が揚がっていても美味しいのです。

中にはあんこもぎっしり。

食べすぎは良くない食べ物だとは分かるのですが、1度食べると食べられない、不思議な魅力が詰まったのが、揚げたい焼きですね。

ちなみに皆さんは頭派?しっぽ派?

個人的にはしっぽ派。

1人で食べるのではなく。2つに分割して、半分ならまあまぁなおやつカロリーですので、半分個して食べるのもありですね。

揚げたてって言うよりは、揚がったあとの少し「しなった」感じの揚げたい焼きがまた美味しくてですね。
逆にお店の場合、売れ残ったたい焼きを翌日再活用して売れるんじゃないか?!って風に思っちゃうこともあります。

カロリー栄養バランスともに、ものすごいパワーがあるので、そのパワーに負けないように、半分くらいで抑えておきたいですね。

パール金属 おやつDEっSEII ふっ素加工たい焼器 D-6536

パール金属 おやつDEっSEII ふっ素加工たい焼器 D-6536

1,628円(09/29 01:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

お願い!

本ページで説明している作り方は、説明どおりの時もあれば、あくまでも執筆者が独自に考えた作り方もあります。

ときにはお店の作り方を無視している時もあります。

コメントから色々教えて下さい

最後までお読みいただきありがとうございます。
その他におすすめのおかずや惣菜など、中部地区のスーパーマーケット限定で何かありましたら、お気軽にコメントください。
コメントされる際は各記事のコメント欄でのご注意を一読お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)