バローの白だし香る奥三河若どりの鶏天がマッチする美味しさ





価格や品の状態などは、執筆する為に購入時の価格や惣菜の状態です。
いつも変化をするお惣菜は、常にこの状態で販売されている事では無いのでご注意ください。

バローで発売された奥三河若どりを使った鶏天が、唐揚げにないふわふわ食感のジューシナーな仕上がりになっています。今回はここ十数年くらいで、東海地方のスーパーでも見かけるようになった鶏天です。

バローの店舗
バロー

今回はこちらですね。バローさんの2023年の春惣菜となっております。

バローの奥三河若どりの鶏天

バローの奥三河若どりの鶏天

こちらですね。

唐揚げはサクサクした食感で、味付けをしてから揚げるのに対し、天ぷら粉で揚げるのが鶏天ですね。でも、今回の場合は、白だし香ると言うことで、衣にも白だしの味付けをしていることで、そのまま食べることができるバローの奥三河若どりの鶏天になっている訳です。

はくばく 天ぷら粉吟天 1kg

はくばく 天ぷら粉吟天 1kg

610円(06/16 01:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

価格

バローの奥三河若どりの鶏天の価格

100gあたり158円と言う価格設定です。
これはオープン特価ですので、普段はもう少し高いかもしれません。

栄養成分(100gあたり)

鶏天のPFCバランス

熱量:149Kcal
タンパク質:14.0g
脂質:6.0g
炭水化物:10.3g
食塩相当量:1.2g

となっております。鶏天にはカリカリが無いため片栗粉は入っていません。そのため、小麦粉からの炭水化物が多めとなります。脂質は油の成分ですね。

開封してみました

バローの奥三河若どりの鶏天

こちらですね。
大変ジューシーであり、柔らかい触感の揚げ物となっております。

大きさがバラバラなのが面白いですね

1個あたりの重量は

152g
152g
31g
31g

150gを超えていたり、たった30gしか無かったり。
大きいのから小さいのまで不揃いで揃ったお肉は、まさにテーブルの取り合いになること間違いありません。

バローの奥三河若どりの鶏天

もも肉のジューシ感と衣に染み込んだ白だしがまたマッチして大変美味しいお肉となっております。ますます食べたくなる一品ですね。

若鶏のとり天(鶏の天ぷら・惣菜) (1kg)

若鶏のとり天(鶏の天ぷら・惣菜) (1kg)

2,680円(06/16 01:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

チーム鶏天

お願い!

本ページで説明している作り方は、説明どおりの時もあれば、あくまでも執筆者が独自に考えた作り方もあります。

ときにはお店の作り方を無視している時もあります。




コメントから色々教えて下さい

最後までお読みいただきありがとうございます。
その他におすすめのおかずや惣菜など、中部地区のスーパーマーケット限定で何かありましたら、お気軽にコメントください。
コメントされる際は各記事のコメント欄でのご注意を一読お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)