ふの辛し和えはフタバヤさんの珍し惣菜の1つ




バローグループ入をしている滋賀県彦根市から長浜市にかけてスーパーマーケットを展開しているフタバヤさん。

今回珍しい事に福井県の郷土料理でもある「ふの辛し和え」を手に入れることが出来ました。
福井県の郷土料理なのですが、滋賀県のローカルスーパーさんで売っていました。

フタバヤ
フタバヤ

麩の辛し和え:食習の機会や時季
報恩講のほか、葬式や法事などには欠かせない定番料理で、県内各地でつくられている。味噌の代わりに醤油を使うところもある。

出典:農林水産省:麩の辛し和え

ということで、もう昔から食べられている、でもそこまで食べないメニューって感じでしょうかね?!

ふの辛し和え

こちらですね。

ちなみに農林水産省のホームページにて掲載されている麩の辛し和えはこちらのイメージです。

麩の辛し和え 出典:農林水産省Webサイト(麩の辛し和え

価格

そんな地域限定の郷土料理がこの価格です。
1パックも小さめのパックなので、本当小鉢サイズですね。

開封してみました

麩ということで…。
味噌汁などに入れる麩です。

こまち麩 80g×5袋

こまち麩 80g×5袋

1,027円(06/29 06:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

こういう風に食べるのは珍しいですね。

かかっているタレの味付けは、辛子・味噌・砂糖・酢・塩ということで、辛しと味噌の味付けみたいです。

一瞬マスタードに近い味にも思えたのですが、お味噌と辛しでこの味になるのも奥深き味わいでもあります。

きゅうりはまさに箸休め。
でも、辛いです。

そこまでは食べられない

そこまでは食べれないので、この麩が1食の定食の中に1~3個くらいあれば、なんとか食べられるかなと言う感じです。

でも、面白い味付け。ピリリと辛いけど、お味噌が本当に味わい深き食べ物にしてくれています。

お願い!

本ページで説明している作り方は、説明どおりの時もあれば、あくまでも執筆者が独自に考えた作り方もあります。

ときにはお店の作り方を無視している時もあります。




コメントから色々教えて下さい

最後までお読みいただきありがとうございます。
その他におすすめのおかずや惣菜など、中部地区のスーパーマーケット限定で何かありましたら、お気軽にコメントください。
コメントされる際は各記事のコメント欄でのご注意を一読お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)