土岐市のてりカツ丼がイオンスタイルストアで売っていた!





価格や品の状態などは、執筆する為に購入時の価格や惣菜の状態です。
いつも変化をするお惣菜は、常にこの状態で販売されている事では無いのでご注意ください。

岐阜県土岐市で食べられているB級グルメとして「てりカツ丼」なるものがあるそうです。

イオン
イオン

今回は土岐市にオープンしたイオンスタイルストアにて、地元の丼シリーズということで、てりカツ丼なる物が販売されていたので、買ってしまいました。

てりカツ丼って何?

簡単いえばご飯の上にカツをかけて、デミグラスソース風のソースをかけて食べる食べ物のようです。
詳しいホームページでは、以下の通り説明がありました。

てりカツ丼はトンカツを卵とじにするカツ丼と違い、どろッとした独特のソースをかけていただくカツ丼です。 福井県や長野県のソースカツ丼と同じ形ですが、てりカツのソースはもっと洋風な雰囲気。 イメージとしては、ケチャップにドミグラスソースを加えてさらに和風だしで味に奥行きを出した感じです。

土岐市のカツ丼はちょっと違う!?ケチャップ味の「てりカツ … https://icotto.jp › 岐阜県 › 土岐

元祖のお店と言われているのが、土岐市にある「ちちや」さんって言う食堂だそうで、その他土岐市にある食堂でもラインナップになっているそうです。
ちちやさんの場合は、カツ丼(てり)って言うメニューだそうです。

てりカツ丼(てリソースカップ入り)

てりカツ丼

こちらですね。
イオンで見つけたのがこちらの「てりカツ丼」です。
オープニングセールで売っていたので、必ず売っている別けではございません。ご注意ください。

価格

1丼=458円(税抜き)となっております。
税込み500円以下のワンコイン以下で買えるのは嬉しいですね。

てりカツ丼の栄養成分(1パックあたり)

熱量:786Kcal
タンパク質:24.2g
脂質:30.1g
炭水化物:107.8g
食塩相当量:2.4g

となっております。
デミグラスソースを和風出しで混ぜているためか、ソースだからなのか、塩分は思ったより多くなく。
その他のとんかつと変わらない感じですね。

てりカツ丼を作ります

最近のお弁当、丼物もこういうパッケージの技術がすすんでいて、食べる直前に混ぜる事で、できたての近い物を楽しむ事ができますよね。

本家さんには紅生姜はないみちたいですが、イオン流って事でね。
ケチャップにも近いデミグラスソースみたいな感じですね。

食べると土岐らしい

やっぱり地元の美濃焼で丼で食べたいイメージもありますが、デミグラスソース好きには納得の味付けですね。

白ごはんも美味しく。

デミグラスソースがまた、変わった味わいでね。
この地域で食べられているB級グルメを楽しめる一品なのでした。

イカリ かけるデミグラスソース 1140g×2個

イカリ かけるデミグラスソース 1140g×2個

1,403円(12/03 02:40時点)
Amazonの情報を掲載しています




コメントから色々教えて下さい

最後までお読みいただきありがとうございます。
その他におすすめのおかずや惣菜など、中部地区のスーパーマーケット限定で何かありましたら、お気軽にコメントください。
コメントされる際は各記事のコメント欄でのご注意を一読お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)