ゲンキーのフライドポテト&オニオン のシナティーファンの為にビール入




今やコンビニやスーパーマーケットにも負けないラインナップでおなじみのゲンキーさん!お惣菜コーナーにも、色々な変化があり今回 ゲンキーのフライドポテト&オニオン に注目してみました。

ゲンキー
ゲンキー

今やスーパーマーケットと一緒にかよたくなるお店でおなじみのゲンキーさん。
中京圏では少しずつおなじみのお店ですね。

やっぱりお酒のおつまみにも最適です

ゲンキーのフライドポテト&オニオン

こちらですね。
ゲンキーのフライドポテト&オニオンは100g単価などではなく、1パック単位の売値となっております。そのため、大変わかりやすいですね

フライドポテト&オニオンっていうことで、とあるモスバーガーさんのフライドポテトシリーズを思い浮かべますね。

価格

1パックあたり198円なので税込み213円となっております。
とってもお値打ちですよね。

マクドナルドのフライドポテトだとポテトのサイズが違うので、何とも判別が出来ないところです。

栄養成分表示 (100gあたり)

  • 熱量:216Kcal
  • タンパク質:2.4g
  • 脂質:11.8g
  • 炭水化物:24.9.g
  • 食塩相当量:1.0g

じゃがいもと衣ならではの栄養バランスって感じですね。

ゲンキーのフライドポテト&オニオン の原材料名

  • オニオオンフライ(玉ねぎ、小麦粉、ビール、その他)
  • フライドポテト
  • 食用油脂
  • パセリ
  • ブラックペッパー/塩粘剤(加工デンプン、グァー)、
  • 膨張剤
  • ピロリン酸Na
  • とうがらし色素
  • 乳化剤
  • (一部に小麦・乳成分・大豆を含む)

すごい!面白い!

原材料にビールが入っているのです。
これは衣にビールを使い、炭酸の効果でふわふわに挙がるようにでしょうか?

【ビール】キリン 一番搾り生ビール [ 350ml×24本 ]

【ビール】キリン 一番搾り生ビール [ 350ml×24本 ]

4,515円(10/24 04:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

開封してみましょう

フライドポテトがメインで、オニオンは…。
4~5本って感じです。

それぞれ食べてみました

オニオンなのですが、確かに衣がモフモフって感じで柔らかい。
これはある意味、冷めても柔らかいのですが、水分が欲しくなるモフモフ度です。

ポテトもシナティー好物の覚めた柔らかい感じのポテトで、美味しいです。

いつでも気軽に買えちゃうゲンキーの、フライドポテト&オニオンは、シナティーファン待望のモフモフシナ度が高いフライドポテト&オニオンなのでした。

お願い!

本ページで説明している作り方は、説明どおりの時もあれば、あくまでも執筆者が独自に考えた作り方もあります。

ときにはお店の作り方を無視している時もあります。




コメントから色々教えて下さい

最後までお読みいただきありがとうございます。
その他におすすめのおかずや惣菜など、中部地区のスーパーマーケット限定で何かありましたら、お気軽にコメントください。
コメントされる際は各記事のコメント欄でのご注意を一読お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)