丸亀製麺のうどん弁当に温かい版が登場したので買ってみたらやらかした…。




ちょうど1年くらい前ですね。丸亀製麺からお持ち帰り専用のうどん弁当なる物が発売され、ただでさえ地元の丸亀製麺は、混んでいるのに、さらに混むようになった人気店になったそうですね。

このうどん弁当の場合、いわゆるぶっかけうどんがベースなので、少なく濃い目のお汁にうどんを掛けて、食べる感じなのですね。
個人的には釜玉うどんとかぶっかけうどんが大好きなので、良いのですが、普通のかけうどんが大好きな方にはなにか違う問題がありました。

今回丸亀製麺さんから、いつの間にか温かいお汁バージョン。
いわゆるかけうどんと天ぷらがセットになった、うどん弁当が登場していたので、さっそく善は急げと買いに行ってきました

温かいうどん弁当

  • 定番うどん弁当
  • えび天のうどん弁当
  • かしわとえび天うどん弁当

こちらの3種類を買ってきました。

さらに今は季節のメニューも登場しております。

温かいうどん弁当の仕組み

こんな感じですね。

2重になっていてですね。そこにお汁が入っています。でも、気をつけて下さい。
完全には密閉されない容器でしたので、持ち帰り中こぼれてしまいました。

やらかしてしまいました

ここからは好みが分かれる所です。
せっかくお汁とうどんを別けられる。

中底があるのでした…。

うどんだけをいれる事も出来たのですが、天ぷらまで突っ込んでしまいました。
確かにお汁に浸した天ぷらも美味しいのですよ。

でも、えび天は崩れてしまい。
たしかにそれが美味しいという人もいらっしゃいます。

満足出来るボリューム感です

とにかく男性でもお腹いっぱいになれるのが、丸亀製麺のうどん弁当ですね。
これで390円~620円なのですから、本当に嬉しい限りですね。

食べごたえある大きなかしわ天

かしわの天ぷらなんて、ご存知の通り。
お箸で持ち上げるのにも一苦労です。

皆大好きちくわ天

ちくわの磯辺揚げ天ぷらも本当に美味しい。

おかずはやっぱり入れないほうが良かった

ちなみにうどん弁当で入っている卵焼き、きんぴらごぼうまでも付けてしまい。

中底をうまくお皿にして、食べるとさらに美味しく食べられそうです。

お願い!

本ページで説明している作り方は、説明どおりの時もあれば、あくまでも執筆者が独自に考えた作り方もあります。

ときにはお店の作り方を無視している時もあります。




コメントから色々教えて下さい

最後までお読みいただきありがとうございます。
その他におすすめのおかずや惣菜など、中部地区のスーパーマーケット限定で何かありましたら、お気軽にコメントください。
コメントされる際は各記事のコメント欄でのご注意を一読お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)