たった1食50円カネスエオリジナル 「末」タンメン をアレンジして作ってみました




岐阜県といえば、いつの間にか岐阜タンメンが有名になり、東海地方ではすっかり人気ラーメンの1つです。そんな愛知県のスーパーマーケットカネスエさんのPBラーメンに 「末」タンメン 味ということで、PBラーメンにタンメンが珍しく作ってみることにしました。

カネスエ
カネスエ

一時期のどんな価格が下げるライバルさんが入れば追従する!そんな勢いが好きだったのですが、ちょっと行政のお叱りがあってからは…。
地道にとにかく時価にあった価格で、時価がわかりやすいスーパーマーケットさんでもあります。

「末」タンメン

こちらですね。
1個100円ちょいの価格体制で、2食入り。

スーパーマーケットの生麺は嬉しいですよね。

栄養成分表示 1食(140g)あたり

  • 熱量:320Kcal
  • タンパク質:10.2g
  • 脂質:2.8g
  • 炭水化物:61.5.g
  • 食塩相当量:6.7g

となっております。カロリーと脂質がまだ低いので、あとタンメン質を中心としたおかずが良い所ですね。

だから本場岐阜タンメンはカプサイシン入りとか、タンパク質を中心としたトッピングも編み出しているのですかね。

sdr
寿がきや カップ岐阜タンメン 119g ×12個

寿がきや カップ岐阜タンメン 119g ×12個

2,921円(10/24 22:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

「末」タンメン の原材料名

  • めん[小麦粉(国内製造)
  • 卵白
  • 食塩 / 打粉(加工でん粉)
  • 酒精
  • かんすい
  • 乳酸 ・ナトリウム
  • トレハロース
  • 着色料(クチナシ)
  • (一部に小麦・卵を含む)]

  • スープ[食塩、ごま油、砂糖、しょうゆ、チキンオイル、醸造酢、チキンエキス、オニ オンエキス、はくさいエキス、香辛料、ポークエキス、ローストガーリックペース ト、酵母エキス / 調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘剤(キサンタンガム)
  • (一 部に小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)]

ちゃんと麺類・スープと別れて書かれているのも嬉しい案内です。

タンメン をさっそく作ってみました

正直な所岐阜県では、タンメンという麺類はあまり馴染みが無く。
岐阜タンメンが出てきてから、一気にタンメンが増えた感じです。

用意するもの

  1. 白菜(本当はキャベツ)
  2. もやし
  3. 豚肉
  4. エビ(どっちでもOK)
  5. きくらげ(どっちもOK)

スープ作りから始めます

タンメンは野菜と絡めたスープが特徴なので、スープ作り。
麺類はラーメンを食べるお昼・夕飯に合わせて直前に茹でます。

中華鍋をスタンバイ

順番に野菜を炒めていきます

普通の野菜炒めほどではなく。
気持ちかる~~く塩コショウをして味を整えます。

ついに分量分の水を注ぎます

水が沸いた所で、スープを入れます。

タンメンのスープ具材が出来上がりました。
程よく保温したり、一度安めて、しっかり味を染み込ませても良いかもですね。

ちなみに白菜は縮んでしまいました。

麺を茹でます

麺がすぐに茹で上がっちゃうので、食べる直前。
ある程度道具なども片付けて、終わったら一気に食べられるようにしましょう。

盛り付けて完成

何より盛り付けスープ多すぎ!!

やっぱりキャベツがほしかった。
でも、白菜でも美味しい。

あと余分にきくらげも投入しています。
タンメンと豚肉は、結構良いんです。

たった100円でタンメンが食べられるPB麺。

魅力的ですね

AliExpress.com Product – 3 In 1 Microwave Ramen Cooker Ramen Bowl Set Filtering Function Filtering Function Soup Bowl With Handle for Student Dormitory AliExpress.com Product – Stainless Steel Double-layer Ramen Noodles Bowl Anti-scalding Instant Noodle Bowl Cute Bunny with Lid And Spoon Tableware random

お願い!

本ページで説明している作り方は、説明どおりの時もあれば、あくまでも執筆者が独自に考えた作り方もあります。

ときにはお店の作り方を無視している時もあります。




コメントから色々教えて下さい

最後までお読みいただきありがとうございます。
その他におすすめのおかずや惣菜など、中部地区のスーパーマーケット限定で何かありましたら、お気軽にコメントください。
コメントされる際は各記事のコメント欄でのご注意を一読お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)