西濃地方のスーパーではおなじみのピリ辛中華サラダの食べ方




中華サラダと言う商品名ですが、本当は飯の友です。

西濃地方のスーパーマーケットで当たり前の惣菜だった(過去形)

まだ日本各地にスーパーマーケットが増え始めていて、今程企業による統一された物ではなく、お店ごとに色々味があった時代の話しです。
岐阜県の西濃地方では…。

  • トミダヤ
  • 川口屋スーパーチェン
  • ヤオセイ
  • ヤナゲン
  • スーパー丸宗などの個人からの発展型スーパーなど
  • 地元の惣菜企業のデリカスイトなど

あたりが各地にスーパーマーケットを店舗展開させていて、どんどん地域色を強めつつ、店舗を増やしていった時代がありました。

その頃から、中華サラダといえば…。

こういう春雨サラダをベースとして、きゅうり・人参・メンマを入れたサラダが販売されていました。
このサラダは暑い季節に食べると美味しいと評判です。

取材費も節約しなくては行けなく、見切り品の50円引き買わせていただきました。(ペコリ)

もう今はスーパーマーケットがほとんど残っていません

残念ながら西濃地方出身にスーパーは1つも残っていません。

  • 川口屋スーパーチェンは救済した三河屋へ。
  • ヤオセイは全店閉店
  • ヤナゲンは平和堂になりそのままヤナゲン店舗全店閉店
  • トミダヤは唯一、トミダヤブランドだけど中身は救済したコノミヤ

だけどこの中華サラダを復活している企業がいます

  • 三河屋
  • コノミヤ(トミダヤ)
  • バロー(地元の味コーナーのある店舗)
  • ゲンキー

別件ですが大垣のお惣菜企業のデリカスイトさんも、出店してるお店などにて販売をしています。

ドラッグストアのゲンキーさんまでも、この味を販売し始めて居ます。
これには本当ビックリしつつも…。地元の味を継承しようと言う心意気が素敵です。

今回は一番元祖のお店

本当にどこのお店が一番はじめに売り出したのか、調べようも無いため…。
現存するスーパーマーケットのブランド「トミダヤ」さんから購入しました。

本当コノミヤさんに救済されるまでは、中華サラダは、100g100円を切っていたのです。値上がってしまいました。でも、それでも安いです。

そのまま食べても美味しい

そのまま頬張っても美味しいです。

つぅの食べ方

つぅというか…。
おやが昔からやっている食べ方です。

熱々のご飯を用意して

その上に乗せて、ご飯と中華サラダを一緒に頬張るのです。
これがまたうまし。

いわゆる何もおかずがなく、炊飯器のご飯しか無いお昼ごはんにピッタリだったするのです。

昔ほど惣菜をあれこれ買いに行くにも無理な時代。

こういった中華サラダ1パックあるだけでご飯が一杯二杯けるもんです。




コメントから色々教えて下さい

その他におすすめのおかずや惣菜など、中部地区のスーパーマーケット限定で何かありましたら、お気軽にコメントください。
承認後掲載されます。

4 件のコメント

  • 美濃加茂市民ですが、10年ほど前からバローや地元スーパーで見かけなくなり、それから数年で個人の惣菜屋さんからも消えてとても悲しい思いをしていましたが、
    この記事を見て希望が見えました!
    一番近くのコノミヤさん系列のスーパーをあたってみようと思います!ありがとうございました!

    • 美濃加茂市の方でも以前は販売されていたのですが…。
      ず~っと西濃地方では販売するお店が残っていたので、現代まで続いた感じですかね~
      とてもためになるコメントありがとうございました。

  • この中華サラダは
    以前はカネカ食品というイチビキの子会社が造ってましたが
    現在は岐阜中央卸売市場近辺の小さな惣菜会社の工場でカネカの人から教わって造って
    取引先のスーパーに卸売しとるらしい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)