イオンスタイルはゴーゴーブランドのゴーゴーカレー監修のチキンカツカレーを売っていた




最近北陸のスーパーマーケットに行くと、いわゆるお弁当コーナーに売っているカレーライスのお弁当も、金沢風カレーなど金沢カレーブランドの店舗を模倣したカレーを見かけることがあったのですね。

金沢カレー

金沢カレーの場合、本家から色々暖簾分けしてもらった店舗が、現在のチェーン店を多数運営していますが、金沢カレーの特徴というのは・・・。

「金沢カレーの特徴」と言われているもの
・ルーは濃厚で「ドロッ!」とした感じ。
・カレールーの上には「カツ」が載っており、その上にソースがかかっている。
・ステンレス製の舟型のお皿に盛りつけられている。
・先割れスプーンかフォークで食べる。
・つけあわせにはキャベツの千切り。
・カレーのルーは全体にかけ、ライスは全く見えないように盛り付けられている。
一般的に言われている特徴としては、このようなものです。お店によっては、全ての条件を満たしているわけではありません。

HISTORY 金沢カレーの歴史 – チャンピオンカレー

金沢カレーの1つチャンカレーのホームページは以上の通り書かれています。
決して決まりではなく、このようなカレーになっちゃった感と言う説明は、ちょっと押し付け感が無い所が、またいいですよね。

今回のお店はこちら

イオン
イオン

今回はイオンスタイルということで、イオンモールなどに出店している中にある、イオンの総合スーパーですね。
今回は全国のイオンスタイルではなく。北陸エリアのみだと思います。

ゴーゴーカレー監修のチキンカツカレー

こちらですね。
ゴーゴーカレー監修のチキンカツカレーということで、ゴーゴーカレーさんとのコラボ商品ということですね。

でも、金沢カレーのステンレス製は無理だったのでしょうね。だから金沢カレーとは言っていない所も、またルールじゃないけど、その型にハマろうとする不思議な所ですね。

価格

価格は555円ということですが、税込み599.4円となります。ゴーゴーカレーからのゴーゴーなのでしょうね。

栄養成分表示

  1. 熱量:814Kcal
  2. タンパク質:32.1g
  3. 脂質:27.0g
  4. 炭水化物:110.9.g
  5. 食塩相当量:4.2g

飲食店のカツカレーの場合、1,000Kcalを超える物がザラにあるのに、意外とカロリーが抑えられているのは、チキンカツだからでしょうかね。
でも、ご飯とカレーのルーにも、糖質があるので、このような栄養バランスとなっております。

ふたを開けてみましょう

ステンレスのお皿は無理でも、ちょっと気分高まる、子供も大人もみんな大好きカレーライスですね。
フォークで食べよう!とパッケージにかかれているので、さっそくフォークを探してきました。

カツカレーうまいですよね。
とんかつとかになると、ゴージャスってイメージですが、チキンカツなので、タンパク質もしっかり採れます。

カレーのルーは、やっぱりドロっとした感じですね。

でも、うまいんだ。

大事な事なので、もう1度

うまいんだ!!

ご飯とカツとカレーが絶妙に美味しい

日本各地にカレー屋さんは多いけど、金沢カレーのチェーン店は意外と苦戦している地域もあったりしますよね。

実は岐阜県も同じで、何故か金沢カレーのお店はあまり増えない。

こんなに美味しいのにね。

何故かな?と思いつつ、パクパク食べてしまうのでした。

やっぱり愛知県の有名店が、影響しているのかもしれませんが、家庭の味も、お店の味も本当に美味しいカレーは暑い日にピッタリですね。

いや。寒い日にもピッタリ。

お願い!

本ページで説明している作り方は、説明どおりの時もあれば、あくまでも執筆者が独自に考えた作り方もあります。

ときにはお店の作り方を無視している時もあります。




コメントから色々教えて下さい

最後までお読みいただきありがとうございます。
その他におすすめのおかずや惣菜など、中部地区のスーパーマーケット限定で何かありましたら、お気軽にコメントください。
コメントされる際は各記事のコメント欄でのご注意を一読お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)