おぎのやの峠の釜めしは小さな器に大きなまごころが詰まっています




今は北陸新幹線のおかげでJR東日本信越本線の終着駅でもある横川駅。丁度ここから以前は、軽井沢町駅まで難所とも言われたルートを通る鉄道でもあります。

そこに誕生したのが、横川駅名物の駅弁でもあり、大ヒットした「峠の釜めし」ですね。

おぎのや
おぎのや

岐阜県に住んでいる者から、軽井沢町~横川駅区間というのは、あまりイメージできない所ですが、峠の釜飯を知っている人は多いです。

今は1つ1,100円(税込み)です

ビニール袋の無料配布が中止になっちゃったので、釜飯を買うとこちらの不織布バッグでもらえます。
ちょっと気分も高まりますね。

峠の釜めしを確認しましょう

こちらのセットですね。お釜に入ったお弁当と漬物のセット。

この漬け物の種類も本当興奮しちゃうんんですよね。
旅だから許される価格でもあり、楽しめちゃう一品ですね。

釜のふたを開ける瞬間です

釜もふたも陶器製。
これだけは譲れないのでしょうね。

出てきました。
煮物大好きな大人なら、興奮物です。

具材を確認してみましょう

うずらの卵

杏子

栗の甘露煮

椎茸の煮物

ごぼう煮

鶏肉

グりーンピース

もう貯まらない具材の数々ですね。

大人の男性もお腹いっぱい

永谷園 みそ汁太郎 24食 ×2袋

永谷園 みそ汁太郎 24食 ×2袋

844円(04/18 14:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントから色々教えて下さい

最後までお読みいただきありがとうございます。
その他におすすめのおかずや惣菜など、中部地区のスーパーマーケット限定で何かありましたら、お気軽にコメントください。
コメントされる際は各記事のコメント欄でのご注意を一読お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)