ゲンキーのデミグラスハンバーグはたった160円で楽しむ絶品の味わい





価格や品の状態などは、執筆する為に購入時の価格や惣菜の状態です。
いつも変化をするお惣菜は、常にこの状態で販売されている事では無いのでご注意ください。

福井県を拠点にする、フード&ドラッグの代表企業の一つ、ゲンキーで見つけたチルド惣菜についてご紹介します。今回は温めるだけで楽しめるデミグラスハンバーグをピックアップしました。

ゲンキー
ゲンキー

福井県を中心にすっかりおなじみの店舗でもあります。

デミグラスハンバーグ

デミグラスハンバーグ

このハンバーグはコンビニ等で見かけるチルド惣菜で、冷蔵保存されています。
そのため、お仕事に行く前に買うのではなく、お仕事帰りに購入してお家で食べるお惣菜ですね。

価格

デミグラスハンバーグのラベルy

1つ税込み160円というお手頃な価格設定です。また、600Wのレンジで40秒温めるだけと、調理方法もシンプルです。

サイズを測定

重量は140g、幅は7cmとなっております。

栄養成分

栄養成分は100g単位で記載されています。この記事では、上記の重量140gを基に換算し分析してみました。

デミグラスハンバーグのPFCバランス
  • カロリー: 228.2kcal
  • タンパク質: 9.8g
  • 脂質: 15.26g
  • 炭水化物: 14.14g
  • 食塩相当量: 1.82g

100g換算の栄養成分

  • 熱量:228.2Kcal
  • タンパク質:9.8g
  • 脂質:15.26g
  • 炭水化物:14.14g
  • 食塩相当量:1.82g

分析結果

成人男性の1食分としては、タンパク質と脂質の量が比較的多いです。
一般的に、成人男性の1食分のカロリーは約600~800kcalが目安で、タンパク質は20g以上、脂質は20g未満、炭水化物は60~80gが理想的なバランスです。食塩相当量も1食あたりの目安は3g未満です。

栄養面からのおすすめ

このハンバーグはタンパク質と脂質が豊富なので、他の食材と組み合わせる際は、低脂肪で高タンパク質の食品、例えば豆腐や鶏胸肉などがおすすめです。
また、炭水化物がやや少なめなので、ご飯やパンなどの炭水化物を含む食品を加えることで、バランスを整えることができます。
食塩相当量が高いため、塩分控えめの調味料を使用することもおすすめします。

まさに白米にピッタリあうおかずですね!

サトウのごはん 新潟県産コシヒカリ 200g×20個

サトウのごはん 新潟県産コシヒカリ 200g×20個

2,963円(07/12 20:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

温めて開封します

温めたデミグラスハンバーグ

温めるとできたてとは違った感じですが、ふんわり美味しそうなハンバーグです。
撮影日がすごく寒い日でしたので、湯気が出ています。

寒い日に帰宅。温かいハンバーグとご飯で夕飯を食べるのもいいですね。

やっぱり日本人なら白米

デミグラスハンバーグの内側

デミグラスソース単体でもご飯との相性は抜群です。
デミグラスハンバーグは、やっぱりご飯と一緒に食べるのが本当にたまりません。

熱々の味噌汁も合いますが、栄養分析を考慮すると、塩分控えめのスープの方がバランスが取れますね。

しっかり食べて明日も頑張ろう!と思えるようになります。

お願い!

本ページで説明している作り方は、説明どおりの時もあれば、あくまでも執筆者が独自に考えた作り方もあります。

ときにはお店の作り方を無視している時もあります。




コメントから色々教えて下さい

最後までお読みいただきありがとうございます。
その他におすすめのおかずや惣菜など、中部地区のスーパーマーケット限定で何かありましたら、お気軽にコメントください。
コメントされる際は各記事のコメント欄でのご注意を一読お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)