COSTCOでも手に入るヨシダソース オリジナルグルメで1口牛肩ステーキを作ってみた【番外編】




いつもはスーパーマーケットのお惣菜ばかりを取り上げるブログなのですが、今回は番外編ということで、アメリカではオリジナルソースが売れると、アメリカンドリームと言われるくらいまで重要な料理のソース。

COSTCO

今回はそんな日本人そこで日本の吉田さんが作ったヨシダソースを購入してきました。

とにかくお肉を中心に、色々な料理にあうんです。

日本食に近い味と言いつつ、日本ではあまり見かけない味付けなので、また新鮮なのですね。時々買って、料理に使い出すと…。
いつも食べている味が少し変わって面白いんです。

ヨシダソースには色々な種類があります

メインのオリジナルグルメと言う種類のソースを買ってきました。
他にもソース派ありますが、COSTCOで手に入るのは、こちらのみですね。

詳細

  • 名称:調味用たれ

原材料名

  • 醤油(小麦・大豆を含む)
  • 砂糖
  • 高果糖コーンシロップ
  • みりん
  • にんにく
  • 香辛料/増粘剤(加工デンプン)
  • 酸味料

日本でもおなじみの調味料がいっぱいですね。
しょう油を使っているなんて、もう日本人じゃないと想像出来ないでしょうね。

開封すると、にんにく風味も入っているので、焼き肉のタレに近いかも?
でも、実際照り焼きに近い物なので、その中間って感じでしょうか?

1口牛肩ステーキを作ります

準備する物

  • ヨシダソース
  • 牛肩ステーキ肉
  • 牛脂(購入店で貰えるなら貰っておきましょう)ない場合、普通の油でOK
  • 玉ねぎ

牛肩ステーキを焼きます

  1. 買ってきた牛肩ステーキ肉を、冷蔵庫から取り出し、常温に戻します
  2. 牛肩ステーキ肉を買う時、牛脂が貰えるスーパーマーケットなどでは、牛脂を貰っておきましょう。温めたフライパンに牛脂をのせて、脂をなじませます。
  3. 牛肩ステーキ肉を乗せて焼きます
  4. 程よく片面が焦げ目が出来たら裏返し、中火以下でゆっくり焼きます
  5. ある程度焼き上がったら、アルミホイルに包み、予熱で焼き上げます

玉ねぎを準備します

  1. 玉ねぎをカットします。
  2. もう1つのフライパンに牛脂を載せて、また脂をなじませます。
  3. 玉ねぎを炒めます
  4. こっちも弱火で玉ねぎがシナシナになるように、焦げ目をつけないように焼きます。

最後に合わせソースを馴染ませます

  1. アルミホイルでゆっくり温めていたお肉を、1口サイズにカットします。
  2. 玉ねぎの中にお肉を混ぜて、ヨシダソースをかけて仕上げです。ソースを入れたら、もう完成って勢いです。

ヨシダソースを買ってきた直後、常温で使うには良いのですが、冷蔵庫から出してすぐ使うと、お肉が冷えてしまい固くなりやすいのです。
そこで1口サイズにカットすることで、食べやすくしています。

完成

照り焼きに近い甘めのタレなので、玉ねぎとお肉がめっちゃあうのです。
その他には、鶏肉にもあいますし、豚肉にもあいます。

脂の多いお肉に比較的あいやすく、鶏もも肉、豚バラ肉等も美味しく仕上げることができます。

熱々ご飯と一緒に食べると、さらに加速しちゃう美味しさなのでした。
皆さんも是非お試しください。

お願い!

本ページで説明している作り方は、説明どおりの時もあれば、あくまでも執筆者が独自に考えた作り方もあります。

ときにはお店の作り方を無視している時もあります。




コメントから色々教えて下さい

最後までお読みいただきありがとうございます。
その他におすすめのおかずや惣菜など、中部地区のスーパーマーケット限定で何かありましたら、お気軽にコメントください。
コメントされる際は各記事のコメント欄でのご注意を一読お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)